合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2018/09/02

日本美術教育学会

本日、日本美術教育学会に出席してまいりました。

 

勝手に師と崇める松岡弘明先生のルーブリックセミナーをもう一度聞きたくて。

また、小学校の図画工作で「造形あそび」を専門に研究されている先生の指導に関するお話も聞きたくて。

 

結果、非常に学びの多い時間となりました。

 

今ちょっと目が見えにくく、あぁ。。見えない。。と思っていたら、発表の先生から「見えない資料ですみません」とコメントがあり、本当に見えない資料だったことが発覚(笑)

そういう笑い話もできる、素敵な学会でした。

 

入会してよかった!

 

参加されている壮々たる先生方の迫力に圧倒されながら、私が常に感じていた美術教科の問題点をお聞きしました。

先生方に少しでもおいつき、こどもの世界をもっと良くしていきたいと、心から感じました。

 

改めて、これからもこどもの世界を、アートという手法を使って守って行きたいと願っています。