秋本真吾さんに学ぶ、ちょっと足が速くなるかけっこ教室

速く走るってどうするの?

足を高くあげる?
手を大きくふる?

確かにそうだよね。
ボルトも手を振って、脚上げて、速いね!

でもね、その前にもっと大切なことがあるんだよ。

そんなお話から始まった秋本真吾さん(元200㍍ハードル記録保持者・現在、プロのスプリントコーチとしてプロスポーツ選手のサポートに取り組む)のかけっこ教室。

姿勢の大切さとお稽古の仕方をスタッフも一緒に学び

足の裏のどこを使うのかを聞いてそのお稽古をみんなでやって

腕の振り方をおしえてもらって

はしる

はしる

はしる!!

がんばれー

今年運動会はもう終わっちゃった子も、これからの子も居ましたが、みんな楽しそうで、グラウンドでヒーローになっている自分を想像していたようですね!!

秋本さんが言うには「小さいうちは、これを学んでも突然劇的には速くならないかもしれない。でも、その形を知ってお稽古したら、五年生くらいで、筋肉の使い方がわかってくると、急に結果に結びつくようになりますよ!」と。

こどもの発達学に基づく指導のできる先生って、本当に素晴らしいですよね!!
こどもの発達に基づく教育を推進するエデュセンスとして、お呼びできて本当に良かったと思いました。

昨年冬の兵庫県の教育委員会様に続いて二度目のご登場をいただきましたが、今後もっとご一緒したいと感じています。

秋本さん、ありがとうございました!

そうそう。
この日みんなが驚愕した一番の事件は。

アリオ蘇我のとあるお店の店長さんが、元日本代表の女子陸上選手だったこと!!
私達もですが、秋本さんが一番驚かれ、そして大喜びされていらっしゃいました。

さて、次回のアリオ蘇我は11/19(日)
クリスマスの飾りかなぁー。それともまた違う何かかなぁー?

楽しみにお越しくださいね!!
#プロスポーツ選手#元日本代表#教育委員会#お稽古#かけっこ教室#クリスマスの飾り#ピカソプロジェクト