永遠に繰り返す‥的な

先日、託児スペースを設けて「パーソナルカラー診断」イベントをさせていただきました。

@アリオ北砂

 

本日は、子連れOKの座談会を見学させていただきました。

@T-kids様(蔦屋様主導の、関西大学コラボ企画)

学校や家庭ではできないこども学びの場をどう構築していくか?ママ達がリアルに「欲しい!」ものを提供するにはどうするか??

ママ達の素敵なお話を聞かせていただきました!

 

そこで、期せずして子守りを担当(♪ラッキー♪)

 

 

さてさて。本題です。

これらの託児現場を担当させていただきながら、こどもの発達についてたっぷりお勉強させていただくのですが、何より楽しいのは、やはり、こどもが、環境に「お試し」するときのワクワクを一緒に味わえること。

 

発達の段階でこどもは(正確に言うと私達も日常的に)自分の行った結果が、どう返ってくるのか?

ということを、とにかく実験します。

 

例えば、ウレタン製の大きなブロックの上をフラフラ歩くと、どこかで沈んで転んでしまう。

玩具を投げたら、時に落ちるだけじゃなく、物にぶつかって大きな音を立てたり、遠くまで転がっていったりする。

その現象が、たまたま、だったのか?いつも、なのか?実験するために、永遠に一つの事を繰り返して遊んでくれます。

時に思ったようにならなかったり、時に思った以上の事がおきたり。

 

その出来事の一つ一つを蓄えて、いつか「これ以上力を入れると、壊れる」とか、「これ以上繰り返すと、怒られる」とか、様々な因果関係に気付いて行きます。

 

ひとつひとつの、自分が起こした行動に、何らかの見返りがあることに気付いていく。そんな実験を繰り返すこどもたちに、生命の美しさとか、ヒトの進化の神秘とか。

 

日々感動し続ける、みずほ先生なのでした。

気に入った事を永遠(と思えるほど)に繰り返すベビーキッズ。

今日も大好きだよ♡