芸術が心を育てるのであれば、芸術が止まったら??

みずほ先生です。

今一生懸命発送準備しています。

がんばるよー!

 

50組来たらいいね。

と言って始めた企画。

枠がほぼ埋まってしまいました。

 

芸術がこどもの心を育てて鍛えて豊かにします。

では、芸術が止まったら?

心が豊かになりません。

だから、芸術と触れ合える気持ちを育てることを、絶対にやめたくない。

ただし、芸術=凄いもの、美しいもの、またはわけのわからないもの

ではありません。

そもそもは芸術は、生活を豊かにするために生まれたのです。

「製品」がなかった時代、石器や武器から始まって、人は道具を作り始めました。

道具にやがてちょっとしたイノベーターが模様をつけたり、遊んだりしながら、素敵なモノが沢山発明されました。

色をつける方法を見つけてはやってみて。

効率良くかたちができるように、道具のための道具を作り始めて。

それが芸術の始まりです。

芸術が、いまの私達の世界を豊かにしました。

だったらさ、こどもたちも、身の回りにあるものでなんだって芸術すればいいじゃない!

「良いもの」「凄いもの」「美しいもの」そんなもの、大人になる過程で勝手に身につくでしょ。

こどもにしかない感性。

こども期にめちゃめちゃ育つ脳。

ファンタジーな側面も、全て「ヒト」の発達過程から見ると科学。

だから、どーだっていいんですよ!結果なんて。

ただ、たのしんで自分の手で何かが生まれていくことを楽しんで!

何かが生まれていくこどもたちを、沢山見てあげて!

今が「スタート」の最高のタイミングです。

コロナ禍で、しんどい!この私だってしんどい。

でも、こんなときだからこそ、柔軟に、今があるすべての状況を利用する。イベントにこだわってたピカソプロジェクトがこんなキット出したんだから、せっかくだから、乗っかってやろう!

そんな気持ちでアートに取り組んでほしい。

(っと書きながら泣けてきた(笑))

難しいことは抜きに、楽しんで?

工作に飽きたら他のことしよ?

先生の送った荷物で他のことしたっていいよ!

でも、何したか教えて♡笑いたい!

いっしょに、あそぼ!

 

このキットにはそういう、呪い(笑)、想いがたっぷり詰まっています。