【北の国から日記】月曜日の四天王像

 

「先生!!」

「どうしたの!」

「今日だめだわ!ぜんっぜん降りてこない!!」

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【今日のギャラリー】

 

こんにちは、あすか先生です!

本日の教室のお題は、「四天王像」。

いろんなポーズをさせたり、塗り絵をしたり、遊んでみます。

 

いつもどおり簡単に題材の紹介。四天王は4人で1セット。

街を守ってた門番さんなんだよ。

「4人で1セットなら、共通点あるんじゃない?」と、小学生からの鋭い意見!

よぅし、それなら恒例の「みーつけた」してみましょ♪

 

ざっくりと「なに見つけた?」と聞けば、「んー」と悩む子供たちですが、

「先生鎧おそろいなのみつけたわ」と投げれば、「なんか持ってる!」「みんな怖い顔の人踏んでる!」

「頭兜もおそろい!」など、負けず嫌いでどんどん出てくるのが楽しいですね^^

「じゃあ攻撃が得意そうなのだーれ?」と聞けば、“剣持派”と“槍持派”に分かれるんですよね。見え方が一つじゃないのも、おもしろポイント♪

女の子二人に”剣持”を選んだ理由を聞くと「剣持ってた」、うんうんそうね。

槍を選んだ男の子は「だって長いのでぶすって刺せる!!」戦術重視かい。

「でも剣もいいね!じゃあこの二人!」うんそーね、先生”一人選んで”っていってないモンね!正解!

「鎧がおそろいだから、実はお遊戯会なんじゃないの?」

なぁんて意見も出ました。たくさんの同じ衣装=お遊戯会なんだね!自分の体験・知識と結びつけて考えてるんだなーって、感心しました。

 

「さて、見てもらった写真も、みんなに渡したぬりえの紙も、四天王像に色はついていません。けどさ、昔の人って、本当はどんな色の鎧着てたんだろうね?どんな服だったんだろうね?」

「あか!かっこいい!」「くろかなあ、強そう」「きいろは?」

「さあ、想像して。みんなの想像で、四天王像に色を付けてあげて!塗り絵スタートー♪」

 

・・・って、いっせいに取り掛かって、良い調子でみんなもくもくと塗ってるなー・・・と思ったら・・・

 

「先生!!」

「どうしたの!」

「だめだわ!ぜんっぜん降りてこない!!」

1年生ボーイ、人生初?のスランプを知る・・・(笑)

 

 

一人は食べ物がテーマな、おいしい四天王像。

一人はカラフルがテーマな、おしゃれ四天王像。

降りてこない彼は、なんとなく塗り終わった後、不満げな様子。次の工程に進むかい?と聞いても「いや、今日降りてこないからだめだわ」って。君は憑依型の天才だったんだね。今日はじめて知ったよ・・・

そんな天才は、ごみで出た両面テープの剥離紙に着目。ぴん、ぴんと両方から引っ張って

「先生!これ、音するね!」と興味津々。子供が何に興味を持つかなんて、わからないですねえ。剥離紙はごみだけど、それから楽しい音がしちゃったんですもん。短いテープと長いテープで音が違うのも、最後には「びりっ」と破ける音も、全部が真新しい発見のようでした!

 

降りてこないなら、次回やろう!ということで、もちこし!

ほかの二人も含め、できた作品の鑑賞会、みーつけた会もして、たのしい教室でした★

 

 

次回!「何の神様になる!?」