【北の国から日記】鳥獣戯画ってさ

 

「先生!薄い!」

 

—————————————

 

【今日のギャラリー】

 

 

こんにちは!あすか先生です!

夏真っ盛り、平岡教室では「鳥獣戯画」を題材にしたカリキュラムに挑戦しました。

みーつけたの時間は、まるでウィーリーを探せ状態に!

 

「先生ひっくり返ったカエル見つけたー」

「どこ!?」

「こっちには弓矢持ったやついる!」

「あっ、この子狙われてるんじゃない!?」

 

もう「みつけた」「かもしれない」「もしかして」フィーバーでした。

誰が書いたかもわからない、漫画の原点「鳥獣戯画」。

子供たちは見たままから様々なストーリーを展開していました。

 

川へ飛び込み大会をしているウサギさんたち。

運んでるつぼにはなにが入っているのかしら。

偉そうに座っているのは、実はこわーい魔王。

文字がなく正解のストーリーは作者のみぞ知るところ。もしくは、現在進行中でストーリー展開している子供たちのみぞ知るところでしょうか。

 

いつも使っているカラリックスを、水をたっぷり含ませた筆で撫でれば、あわーい優しい色あいで伸びていきます。

「先生!薄い!」

・・・そうゆう仕様なんよ・・・。それを楽しんでくれい。

はじめはその淡さに慣れなかった子供たちですが、次第に水分の加減を覚え、色の濃淡がつき、混色も発見!

「先生見て!紙の上で色混ざった!」

ふむふむ、水分が多いからマーブルになってるね!

「先生!黒ペンで書き足してもいい?」

どうぞどうぞ!あ、動物たちが帰るおうちを描いたのね。

お。片耳だけ紫のウサギを発見。おしゃれー。

「その耳だけ毒なの」

このウサギに何があったの・・・?

 

この日は人数が多かったこともあり、ミニ先生制度が大活躍でした。

「●●ちゃんは、小さい子たちの筒の両端を飾る工程を手伝ってあげて」

「しかたないなー、いーよー」

「〇〇君は、両面テープ係ね。まかせたよ!」

「いーよっ!」

「▲▲ちゃんは、穴あけパンチ係お願いしていい?」

「(無言でうなづく)」

返事の仕方も個性出ますよねー。ミニ先生たち、ありがとう!

 

手順が多いこともあり、いろんなところから「先生―!」と呼ばれて、てんてこまい。

「ちょっと待っててねー」

「もう!いつまでまたせるの!」

ああああ、分身したいっ!

「ちょっと待ってね」の間に、問題を自分で解決して進んでくれた子供たちに感謝カンシャ。

学年上の子供たち中心に、助け合ってみんな作品を完成させることができました。

あわただしく終わった記憶だけど、今となってはいい思い出だなあ・・・。

 

自分の身長よりもはるかにながーい紙に、思いっきり描いた作品でした♪