【エピソード募集します】

ご無沙汰してしまいました。代表のみずほ先生です。

まず端的に申し上げます♪

あなたの、またはお子さんの絵や作品、音楽の授業にまつわる

「先生のおかげでわたしは…」

を教えていただけませんか?!

 

応募はこちらからっ

 

私は日本美術教育学会にも所属させて頂いております。

こちらでは、こどもたちを見る視点や指導法、指導のアイデア、そして当然美術の技術に長けた先生方が多数いらっしゃり、皆様それは柔らかな空気を纏っていらっしゃいます。

美術教育に関する知識、美術そのものの知識、そして学術研究にも長け、論文等にまとめるための言語力や技術もあり、当然こどもたちに対する姿勢や見る目、言葉がけやその意識についても、日々勉強をさせて頂いております。

この先生たちと関わった人の中には、おそらく以下のような方が多いのではないでしょうか?

 

・この先生に出会えたおかげで、私の提案資料はクリエイティビティに満ちている。

・この先生の指導が、自分の指導に結びついている

・この先生の考え方が、自分のビジネスの礎になっている。

 

将来芸術家にならずとも、このように言う人はたくさんいます。

 

反面、現場の教育には実は今もなお、かなりの【闇】があります。

 

・周りはみんな褒められてたけど、自分は褒められなかったから、人前で何か言うのは自信がない

・小学校でこう言われて、以来、描くとかめっちゃ苦手

・授業で、やりたくないのに人前で歌わされて、みんなに笑われたから、絶対歌わない

 

という具合です。

一概にたった一人の先生だけが悪いわけではないですが、少なくともたった一人で良いから、感動授業を興せる先生と出会えたら、その人の人生はもっとクリエイティビティになるのに。

(先生側に立ってもっと言えば、そのポイントさえ押さえれば、あなたもたくさんの生徒に【恩師】と呼ばれる人になるのに。。)

とおもうわけです。

 

私達エデュケーターの周りにも、私個人の友人にも、学校でこんな風に言われた…。

という、情報はよく入ってきますが、おそらく先生側に「悪意」はありません。

しかし、こどもには「傷」になってしまいます。

悪意のない暴言ほど質の悪いものはない、と思いませんか?

そこで、みなさんの「先生のおかげでわたしは…」を募集させてください!

良かったお話、ぜひたくさん教えてください!

きっと、同じような働きをされている先生の役に立ちます。

悲しかった。それはないわ。。まじか!あいつのおかげで!!

もぜひ教えてください。

これは、内容を見てから、ある程度選択して、分析してから発表します。

期せずそうしてしまっている先生の役に立つと思います。

 

応募はこちらからっ

民間から教育をサポート
なんて言うと、
デカイ先生には「よくわからないけど期待してる!」と言っていただき
チュウケンの先生には「何も知らないくせに、あんたらはあんたらのフィールドで汗流して労働者しとき」と言われ(リアルに言われました(笑))
若手の先生には「へー、なんかすごいんですねー(他人事)」と言われる事も多く

もちろん、ほんま、頼むからなんか風おこして。と言ってくださる方も多いのですが、なかなか前に進めない日々です。

だったら。
民衆の声を、もっともっと集めて、もっともっと、沢山の先生たちが現実に気付くような取り組みもしてみたいな♪

と。
ふとした思い込みですが。
言ってみました♪

応募ゼロかもですが(笑)
一回やってみます♪

それでは皆様、本日もご機嫌でお過ごしください!